お米は体にいいの?お米を食べて得られる10の驚くべき健康効果

お米は体にいいの?お米を食べて得られる10の驚くべき健康効果

お米を食べるのは健康的であることを知っている人は多くても、具体的にどんなメリットがあるかは、ほとんどの人が知らないかもしれません。正確な効能は知らなくても、一つだけ確かなことは、お米はおいしいということです。お米は、肉、魚、豆腐、野菜など、何とでも合わせて食べることができます。この記事では、お米を食べることで得られる10の健康上のメリットをご紹介します。

お米の健康効果

日本でお米を食べるのが嫌いという人はあまりいないでしょう。特に、ヘルシー志向の人や、高品質で高タンパクなお米を食べるのが好きな人には、たまらない食品です。お米の主な健康効果を10個見ていきましょう。

1、自然な抗炎症作用とグルテンフリー

お米はおいしいだけでなく、グルテンフリーでもあります。グルテンフリーの穀物として最も人気があるのは、お米です。セリアック病を患っている人にとっては特にそうです。お米には自然な抗炎症作用があるので、体に良い影響を与えてくれます。パスタ、ピザ、パン、お菓子など、小麦を使った食品のほとんどには、グルテンが含まれています。グルテンに過敏な方でも、お米なら安心して食生活に取り入れることができます。グルテンフリーなので、腸内で炎症が起こることもありません。体内の炎症を抑える方法を常に模索することが重要です。どんな食事にも適しているお米は、その大切なプロセスに役立ちます。

2、神経系の健康を改善

お米は、神経系を完璧にサポートしてくれます。私たちの体の神経系は、さまざまなビタミンB群によってスムーズに機能しています。様々な種類のビタミンB群は、神経伝達物質の生成を助けます。神経伝達物質は、生物学的プロセスを調整するのに役立ちます。お米は、さまざまなビタミンB群の素晴らしい供給源です。米にはビタミンB群が豊富に含まれているので、お米を食べることで神経系の健康状態を改善することができます。 

3、良質なエネルギー源

疲れがたまっていると感じたら、玄米や白米を食べましょう。私たちの体は、燃料となる炭水化物を必要としています。炭水化物が体内に入ると、体はその良質な炭水化物をエネルギーに変えようとします。しかし、お米に含まれる健康的な炭水化物は、エネルギーに変わるだけではありません。脳がこのエネルギー源を利用することで、脳の機能を正常に保つことにもつながります。また、お米に含まれるミネラルやビタミンなどの成分は、体の各器官の代謝活動を活発にします。このようにして、私たちの体はエネルギーレベルを高めることができるのです。

4、利尿作用と消化促進作用。便秘を防ぐ

消化器系のトラブルに悩まされていませんか?お米を食べることで、消化器系を整えることができます。生の米ぬか28gには、6gの食物繊維が含まれています。お米の食物繊維は、便通を促し、消化器系を整えるのに欠かせません。また、米には天然の利尿作用があり、体内の水分を排出する働きがあります。これは高血圧などの人には有益です。体内の水分を排出するということは、排尿の回数が増えるということであり、尿酸の排出を助け、さらにはダイエットにも効果があります。ただし、体内の水分をより多く排出することになるので、体内の水分をきちんと補給するようにしてください。

5、がんのリスク軽減に役立つ

お米のような食物繊維の多い食品を摂ることで、がんになる可能性を低くすることができます。お米の食物繊維は、消化を助け、血圧を下げる効果があります。その結果、体全体が健康になるのです。消化管が健康であれば、体内の老廃物が長時間滞留することもありません。老廃物の流れを良くすることで、老廃物が体内の健康な細胞に与える影響が少なくなり、大腸がんなどの予防にもつながります。米にはビタミン類も豊富に含まれています。これらのビタミンには、ビタミンAやビタミンCなどの抗酸化物質が含まれており、体内のフリーラジカルを除去するのに役立ちます。

6、肥満を防ぐ 

スリムになりたいと思っていても、どのような食品を取り入れたらよいかわからないという人は少なくありません。そんなときは、ヘルシーなお米を食べましょう。お米は、ナトリウム、脂肪、コレステロールの含有量が少ないので、肥満の解消に効果的です。栄養素も豊富で、健康への影響もほとんどありません。もちろん、食物繊維も多く含まれているので、肥満解消に役立ちます。

7、美容効果でスキンケアにも使える

お米は、意外にもスキンケアに適しています。お米のスキンケアは、外用と食用の両方があります。局所的に使用する場合は、お米を粉末状にして肌に塗ります。炎症を起こしている肌には、このパウダーが炎症を抑える効果があります。また、他の皮膚疾患の治療にも使用されます。お米の水は、お米を使ったスキンケア方法のひとつであり、炎症を起こしている肌を冷やすために使われます。玄米はフェノール化合物を含んでいるため、より頻繁に使用されます。フェノール化合物は、肌の赤みを抑え、炎症を鎮める働きがあります。また、お米に含まれるすべての抗酸化物質は、肌に影響を与える老化プロセスを遅らせて美肌を保ち、シワが現れるのを遅らせます。

8、良質なたんぱく質の源 

菜食主義の生活をしていますか?もしそうなら、お米は必要なたんぱく質の良い供給源となります。白米でも玄米でも、高タンパクのお米を食べれば、常に運動をしていたり、ベジタリアンとして食生活を続けていたりする場合に、必要なタンパク質レベルを保つことができます。高タンパクでありながら、ベジタリアン向けの食品を探すのは、簡単なことではありません。高タンパクなお米は、他の高タンパクなビーガン・ベジタリアン食品を補うのにおすすめです。

9、心臓の健康を促進する

お米を食べることは、心臓の健康を改善するのにも役立ちます。前述のように、お米には天然の抗炎症作用があります。その抗炎症作用により、血管壁内の動脈硬化性プラークの沈着率が低下します。これにより、心筋梗塞や脳卒中などの重篤な心臓疾患のリスクが減少します。玄米にも白米にもこのような効果がありますが、玄米の方がより効果的です。これは、玄米には栄養素のほとんどが含まれている籾殻が含まれているからです。米ぬか油も、心臓の健康を促進する優れた食品です。米ぬか油には抗酸化作用があり、体内のコレステロール値を下げ、最終的に心臓血管の健康を促進します。

10、血糖値と血圧のコントロール

高血圧で悩む人も少なくありません。血圧をコントロールするための自然な方法を探すなら、お米を食生活に取り入れることを検討してみてはいかがでしょうか。

血圧をコントロールする

高血圧症の方は、お米を食べることで高血圧症を改善することができます。お米にはナトリウムがほとんど含まれていません。ナトリウムは動脈や静脈を収縮させることで知られています。ナトリウムは動脈や静脈を収縮させる働きがあり、心臓血管系への負担が大きくなり、血圧が上昇します。長期的には、ナトリウムが心臓に影響を与え、複数の心臓病を引き起こす可能性があります。減塩食を心がけることで、これらのリスクを軽減することができます。

血糖値を下げる

お米には血糖値を下げる作用もあります。玄米も白米も血糖値を調整する働きがありますが、玄米のほうがより効果的です。玄米は、もみ殻に含まれる食物繊維が多いため、ブドウ糖の体内への吸収を遅らせる働きがあります。このようにブドウ糖が体内に吸収されるのを遅らせることで、体内のインスリンがブドウ糖を適切に体内に分散させる時間が得られます。

お米を安全に食べる

お米には2つの食品安全上の問題があります。1つはセレウス菌で、冷やさないと米やその他のでんぷん質の食品の中で増殖します。セレウス菌は吐き気や嘔吐を引き起こすため、残ったご飯を食べるのは安全ではないと言われています。残ったご飯を速やかに冷蔵し、台所の衛生状態を正しく保つことが大切です。お米にまつわる2つ目の危険は、米粒に含まれるヒ素(毒性の強い化学物質)です。砒素は地殻の中に存在します。肥料や農薬で汚染された土壌や地下水は、ヒ素の濃度を高めます。米は水の中で育つため、他の穀物よりもヒ素が蓄積されます。お米を洗って余分な水を使って炊くことで、お米のヒ素を減らし、安心して食べることができます。

お米の炊き方

伝統的なお米の炊き方は、2合の水に1合のお米を入れて炊きます。お米から最も多くのヒ素を取り除くには、パスタのように茹でて、お米が炊き上がったら余分な水を切ります。玄米の調理時間の長さが気になる方は、多めに炊いて冷凍しておくとよいでしょう。また、圧力鍋を使えば調理時間を短縮することができます。いろいろな種類のお米を試してみましょう。

 ヘルシーな食材を使った、お米の洋風レシピ

健康的な料理を作るには、お米と野菜などの栄養価の高い食品を組み合わせるとよいでしょう。簡単にお米を食生活に取り入れることのできる、いくつかのレシピをご紹介します。

  1. お米とレンズ豆のサラダに風味豊かなドレッシングをかける
  2. お米とパイナップル、ネギ、赤パプリカを一緒に炒めると、甘くて香ばしい一品に
  3. パプリカにお米を詰めてベジタリアン風にしてみる
  4. 黒豆やピント豆と米、コーン、サルサを組み合わせてテキサス風メキシカンを作る
  5. 黒米にマンゴーとアボカドを加え、カラフルなサラダにする
  6. エビをソテーし、米と豆を加えれば、簡単な夕食になる
  7. いつものチキンライスにブロッコリーを加えてヘルシーに

お米を食べて得られるさまざまなメリット 

お米を食べることには、さまざまなメリットがあります。ベジタリアンの人がタンパク質を多く含む食品を探している場合でも、トレーニング前の優れた食を探している場合でも、高タンパク質のお米は理想的な候補でしょう。食べたものは、体を作ります。バランスのとれた食事が、健康で美しい体につながることは間違いありません。玄米も白米も、体全体の健康を増進するためにさまざまな働きをしてくれます。日頃からパンや麺類を多く食べがちな人は、1日1回はご飯にするといったように、比重を変えることから始めてみてはいかがでしょうか。

ブログに戻る